訪問看護ステーションたの

訪問看護ステーション たの

訪問看護ステーション たのTEL/0887-38-7117
MAIL/houmonkango@usui-kai.com
営業日/月曜日~金曜日(祝日除く)
営業時間/8:30~17:30
※上記営業時間以外であっても可能な限り対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

訪問看護ステーション たの
高知県安芸郡田野町1414-1

●スタッフ (2018年9月1日現在)
看護師    3名

訪問看護とは?

看護師などがお住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるよう予防的支援から看取りまでを支えます。

訪問看護には、どんなサービスがあるの?

お住まいで、本人や家族が心配なこと、不安なこと、希望することについて相談にのり、療養生活がスムーズに行えるよう支援するほか、心身の健康状態や病状、治療の状況、療養や介護の状況、社会生活、療養環境などを総合的に判断して、必要な看護を行います。

訪問看護サービスの利用について

  • 医療保険で訪問看護サービスを利用する場合
    1回のサービス時間・・・30分から1時間30分
  • 介護保険で訪問看護サービスを利用する場合
    1回のサービス時間・・・20分未満、30分未満、30分~1時間未満、1時間~1時間30分未満のいずれか

※20分未満の場合、週1回は20分以上の訪問看護を必要とします。

対象者

houmon-kango_tano_guide001
houmon-kango_tano_guide002
houmon-kango_tano_guide003
houmon-kango_tano_guide004

療養生活の相談・支援

食事や運動、口腔ケア、排泄のケアなど様々な療養上の助言を行い、健康状態の維持・改善を図るとともに、生活のリズムを整えます。

病状や健康状態の管理と看護

バイタルサインズ(体温、脈拍、血圧、酸素飽和度、呼吸の状態など)をチェックし、感染症の有無、心身の健康状態、障がいの状態などを観察し、状態に応じた助言と予防的支援をします。

医療処置・治療上の看護

かかりつけ医の指示に基づく医療処置(点滴静脈注射、たんの吸引や吸入、経管栄養、創傷処置、チューブ類の交換など)や検査を行います。

苦痛の緩和と看護

痛み(疼痛)、呼吸困難、発熱、不眠、便秘と下痢、倦怠感などの緩和を行います。病状を観察し、かかりつけ医や薬剤師の処方の範囲内で薬の量を調節して、適切なケアを行います。
在宅末期がん患者の場合、疼痛を緩和するための服薬支援、体位の工夫、マッサージなど身体的・精神的な支援を行います。

リハビリテーション

ADL(日常生活動作)の訓練、運動機能の回復・維持・低下予防、安楽な体位、床ずれ(褥瘡)や肺炎などの合併症の予防、呼吸機能や摂食、嚥下機能の回復・維持・低下予防、関節拘縮(関節の動きが悪くなる状態)の予防などについて助言や指導を行います。福祉用具の利用相談や導入は、福祉用具相談員などと協力して支援します。

家族の相談と支援

安楽な介護方法を助言したり、訪問介護員など他の職種と連携することで家族の介護負担を軽減し、よりよい家族関係が保たれるよう支援します。

地域の社会資源の活用

地域包括支援センター、保健所、居宅介護支援事業所、市区町村の担当者などと連携して、保険・医療・福祉の制度の紹介や導入、各種サービス提供機関との連絡や調整を行います。

認知症の人の看護

認知症の症状を理解したうえで心身の健康状態を観察し、服薬を調整したり、周囲とのコミュニケーションがスムーズにいくよう援助します。

エンドオブライフケア

最期までその人らしい尊厳のある療養生活を送ることができるよう、本人や家族の思いにそって援助します。苦痛や倦怠感などを緩和するための看護や医療処置、精神的な支援を行います。

在宅移行支援(外泊中の訪問看護など)

訪問看護師が病院などに直接出向き、入院先の医師や看護師などと連携しながら、退院後の在宅療養の準備・指導を行います。入院中の患者が退院に向けて一時的に外泊した場合も、訪問看護を行います。

こんなときは「訪問看護」を利用しましょう!

「訪問看護」を利用することによって、在宅療養に関する心配や不安が軽減するだけでなく、病状の悪化を防ぐことができます。「こんなことを相談してもいいのかしら」と思うようなことでも、まずは相談してみましょう。

たとえば…

  • 家族は、本当に介護ができるのかな?
  • 退院してから容態が急変したらどうするの?
  • 間違えずにちゃんと薬が飲めるかな?
  • 日常生活はちゃんとできるのかな?
  • 再入院することになったら、どうすればいいの?
  • ちゃんと通院できるのかな?
  • 転んだらどうしよう?
  • ひとりでも自宅でリハビリできるのかな?
  • 家で最期を迎えられるかしら?
  • 療養生活を考えると不安だらけで、どうしたらいいの?

こんな心配や不安があるときはお気軽にご相談ください。
田野病院との医療連携による「安心のバックアップ体制」を整えております。

TEL/0887-38-7117